キスマーク 白黒

限られたルールの範囲内で安全に遊ぶことがデリヘルでの鉄則

風俗店の中には顔射が無料オプションになっているところもありますが、有料オプションの所のほうが多いのではないでしょうか。

無料・有料に限らず、風俗嬢によってはNGなんてことも見られます。あまりに風俗嬢に負担がかかるようなサービスを強いる店は女の子が長続きしませんし、可愛い子が少ない傾向にあります。

一昔前と違って、今では風俗で働く女性も増えていますので、どちらかと言えば買い手市場。働く女の子の方に、決して有利な業界ではなくなってきています。

「稼げない業界」になっているわけです。ですから「そこまで人気ものになりそうにないなぁ」という女の子は、稼げる風俗店では雇われない可能性がありますし、そうなれば「安くてサービスがいい」という店に勤めるしかなくなってきます。

サービスが良くてということは、「この値段でここまでしてくれる」ということですから、客の要望に幅広く応えることになりますよね。「エグいサービス」ということになるのです。

その「エグいサービス」には「顔射」も含まれます。「どうしても顔射がしたい」という男性の数はそこまで多くはないでしょうが、「無料オプション」に顔射が付いていれば、そしてしかも基本料金が安ければ、そういうサービスを求める男性が増えてしまうでしょう。

それをしなくてもお客が取れる女性なら、とっととそんな店はやめてしまうはずです。なぜなら顔射は、失明してしまう可能性もあるからです。

有料オプションの場合にもオプション料金が1000円程度のところも少なくありません。その程度のお金で失明の危険にさらされるのはゴメンだと風俗嬢が考えても、まず「当然」といった感じでしょう。

男性が例えば淋病にかかっていたとして、その精液が目に入ると目に感染してしまうことがあります。目の結膜を侵しますので、失明に至ることもあるのです。

早急な治療が必要ですが、なかなか感染ったということが分かりにくい場所です。受診が遅れることも屡々です。「化粧直しが大変なので、顔射は鼻から下にしてください」と注意書きがある店も見かけますが、これは化粧直しのことだけでなく、目に感染することを恐れてのこととも考えられます。

反対に女性が男性に聖水をかけるというプレイもありますが、この場合には男性が失明する可能性がありますよね。顔射や聖水は、かなり危険なプレイと言えるでしょう。

無料オプションがエグくて安い店に「可愛い子が少なかった」という感想が持たれがちなのは、そういったことも理由の一つとなるかもしれませんね。